官野 一彦 KANNO Kazuhiko

オンライン対応可能講師
オンライン対応講師
GOLD講師
GOLD認定講師
  • ●alt●
みんな違って当たり前。一歩踏み出す勇気を持つ。
競技
車いすラグビー
障がい種
肢体不自由(車いすユーザー)
属性
現役選手
拠点
千葉県
対応形式
オンライン / 対面
#メンタルタフネス #コーチング #レジリエンス #共生社会 #パラスポーツの魅力

年間で50本程度の講演を行っています。高校まで強豪校で野球をしていました。その後サーフィンに出会いたくさんの経験をしました。車イス生活になった時から夢を見つけ、2度のパラリンピックに出場させてもらい、リオパラリンピックでは銅メダルを獲得することが出来ました。まだまだ夢の途中です。障がい者スポーツの楽しさだけでなく、私を介して色々な生き方があることに興味を持ってもらえればと思います。

  • 主な講演テーマ

    ・「不自由だけど不幸ではない」

    ・「夢を目標に変える」

    ・「私の思うダイバーシティ」など

  • プロフィール

    出身地 :
    千葉県

    野球の強豪・木更津総合高校にスポーツ推薦で入学し、1年生からレギュラーで活躍する。卒業後はサーフィンを始めるが、2004年22歳の時にサーフィン中の事故により頸椎を損傷。一命は取り留めたものの車いす生活を余儀なくされた。
    2006年から車いすラグビーを始める。スピーディーな展開と、激しいタックルに魅了され競技の虜となった。競技を始めて1年という早さで日本代表に選出され、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロと2大会連続でパラリンピックへ出場。
    リオでは日本車いすラグビー史上初の銅メダルを獲得して話題となった。2020年、車いすラグビーからの引退を宣言。
    現在はパラサイクリング競技でパリ大会出場を目指し活動中。一方では実業家としての顔を持ち、2020年にTAG CYCLE株式会社を設立。障がい者専用トレーニングジムの運営、障がい者が住みやすい家づくりのためのアドバイザーなど、様々な活動を通じて社会に貢献している。

  • 競技実績

    2012年
    ロンドンパラリンピック4位
    2013年
    WWRC(イギリス)4位
    2014年
    世界選手権(デンマーク)4位
    カナダカップ3位
    2015年
    アジアオセアニアゾーン選手権(日本)優勝
    2016年
    リオデジャネイロパラリンピック銅メダル
    カナダカップ3位
    2017年
    アジアオセアニアゾーン選手権
    (ニュージーランド)2位
    2018年
    世界選手権(シドニー)優勝

CONTACT / ENTRYお問い合わせ/お申し込み