カラー

カラー

モノクロ

モノクロ
三阪 洋行 HIROYUKI MISAKA
車いすラグビー 出身地:大阪 拠点:埼玉/GOLD
# オンライン# 夢・目標# ダイバーシティ(多様性)# パラリンピックの経験# チームワーク# コーチング# レジリエンス# GOLD# 車いすラグビー# 肢体不自由(車いすユーザー)# 指導者# 関東# 東北# 近畿

自分の価値を高めることで、人生を切り開く

私は高校生の時に部活のラグビーの練習中の事故で車いす生活となりました。未来に絶望していた時に車いすラグビーに出会い、新たな未来へ進み出すことができました。歩みを進める中で違いを個性に変えること、できないをできるに変えること、そして自分の価値を高め続けるとで沢山の未来を切り拓いてきました。パラアスリートの歩みには他にはない特別なメッセージが込められていると自身が感じています。そんな特別なメッセージを少しでも多くの人に伝えていきたいと思っています。

主な講演タイトル
  • 「壁を越える」
  • 「受け入れて、前に進めば世界は変わる」など
プロフィール
  • 高校生の時にラグビー練習中の事故で頸椎を損傷し、車椅子生活となる。
  • 8ヵ月間の入院生活の後に車いすラグビーと出会い、 わずか4年後には最年少で日本代表に
  • 選出された。 2004年のアテネ大会、2008年の北京大会、2012年のロンドン大会と 3大会連続で
  • パラリンピックへ出場。ロンドン大会では副主将を務め、4位入賞という好成績を収める。
  • 引退後は日本代表のアシスタントコーチを務め、 2016年リオデジャネイロパラリンピックへ出場。
  • 日本初となる銅メダル獲得に貢献した。
  • 現在は自身の経験を生かし、障がい者への認識・理解を促進する活動に取り組んでいる。
  • 【所属先】
  • 一般社団法人D-beyond 代表理事
  • 日本スポーツ振興センター スポーツJAPANアンバサダー
主な実績
2004年
アテネパラリンピック出場(8位)
2008年
北京パラリンピック出場(7位)
2012年
ロンドンパラリンピック出場(4位)
2016年
アシスタントコーチとしてリオデジャネイロパラリンピック出場(銅メダル)
講演依頼・お問い合わせはこちら
オンラインシンポジウム 変化に柔軟な「個」と「組織」の作り方

資料ダウンロード