西崎 哲男 TETSUO NISHIZAKI
パワーリフティング 東京・大阪/A級
# 関東# 北海道# 東北# 近畿# 全国# 現役# 肢体不自由(車いすユーザー)# パワーリフティング# A級# ダイバーシティ# パラリンピックの経験

心のバリアフリー、その先へ

23歳の時に交通事故で脊髄を損傷し、車いす生活になりました。2014年より株式会社乃村工藝社に所属しアスリート社員として競技生活を続けています。東京2020大会への出場を実現することで、応援してくださる方々に、歓びと感動をお届けし、「感謝する気持ち」を表したいと思っています。講演会の実績としては、全国各地にベンチ台を持参し、トークと体験会を交えた参加型形式が多いです。テーマは、「パラスポーツの魅力」はもちろんのこと、競技を通じて多様な国の人々と接することで感じた「共生社会のあり方」、「所属企業とアスリートの支えあう関係性」、「応援がアスリートの力になる」ことなど、私の経験談を皆さまと共有することで、参加者の方々と互いに気づきを与えあい、共に成長できる機会としてお役に立ちたいと思っています。

主な実績
【パラリンピック競技大会】
2016年
リオデジャネイロ2016パラリンピック競技大会出場
【主な国内・国際大会】
2019年
第2回パラ・パワーリフティングチャレンジカップ京都 男子 54㎏級 優勝(142kg) 日本新記録
2018年
第19回全日本パラ・パワーリフティング国際招待選手権大会 男子 54㎏級 優勝(137㎏)日本新記録
※全日本6度目の優勝
2018年
インドネシア2018アジアパラ競技大会
男子 54㎏級 4位(130㎏)開催地:インドネシア
2017年
第18回全日本パラ・パワーリフティング選手権大会
男子 59㎏級 優勝(138㎏)日本新記録
【日本記録】 
2階級の日本記録保持者
2019年
54kg級 142kg (京都大会)
2017年
59kg級 138kg (全日本)
主な講演タイトル
  • 「感謝する気持ちを忘れない」
  • 「アスリートと所属企業の、互いに気づき成長しあう絆づくり」
  • 「心のバリアフリー、その先へ」など
講演依頼・お問い合わせはこちら