開催回数
522
参加者数
22,177

障がい者の“リアル”を、
当事者講師から
聞き、学び、一緒に考える。

いままで聞けなかった、
聞いちゃいけないと思っていた、ギモン。
あすチャレ!Academyでは、
パラリンピックやパラスポーツを題材に
障がい者の”リアル”を当事者講師から
聞き、学び、一緒に考えます。
知ることで、一人ひとりが気づき、
考え、行動出来るようになる。
障がいのある人も、ない人も、
思いやり、支え合い、違いを受け入れて、
よりよい社会を作るための
第一歩を踏み出すセミナーです。
知った 気づいた 行動できた!
みんなの想いが、明日を変えていく。
Challenge For Tomorrow

Program

こんな悩みに!

耳の聞こえない同僚と
もっとコミュニケーションを
取りたい
街中で困っている
視覚障がい者を見かけたら
どうサポートしたら良いの?
車いすユーザーの
お客さまがきたとき
どう案内したら良いんだろう

ポイント

レクチャー
パラリンピックや障がいについて知り、「共生社会」とは何かを考える。
体験
視覚、聴覚、車いすなど、各種障がいに合わせたサポート方法を学ぶ。
グループワーク
実際のシチュエーションを想定し、コミュニケーションを考える。

Voice

過去の開催実績より企業・自治体・団体・大学の感想を含めた開催レポートです。 「あすチャレ!Academy」の導入の動機、また導入によって、それぞれの組織がどのように変わったかなど現場の声がつまっています。
開催回数
522
参加者数
22,177
満足度
98.9%
(2016年9月~2021年6月)
オンライン企業
グループの経営理念の理解促進を狙い本プログラムを開催
オンライン大学
大学講義の一コマとしてスポーツ・レクリエーション論科目受講者を対象に実施
オンライン企業
誰もが社会の一員として安心して暮らせる共生社会の実現に向けて
一覧をみる

Faq

Q1
講師によって内容がかわりますか?
さまざまな障がいのある講師がリアルをお伝えするセミナーなので、体験談は異なりますが、プログラム自体に大きく変更はありません。
Q2
今まで障がいのある方と触れ合ったことがないけど大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です!!レクチャー体験、グループワークをとおして無理なく学べるプログラムになっています。
Q3
オンライン研修の申し込みを検討していますが、オンラインで研修を実施したことがなく、不安です。
実施へ向けた事前の打ち合わせ、参加者向けの説明資料の提供、適宜お電話やメールなどで不安を解消できるようサポートしております。お気軽にご相談ください!
Q4
集合研修の申込みを検討しています。開催エリアは限られますか?
企業、法人等の団体受講の場合は全国各地へ講師を派遣し実施いたします。
個別にお問い合わせください。(原則、団体受講はお申込み時に受講者が30名集まる場合に限ります。)
Q5
実施するための最低参加人数の決まりはありますか?
オンライン研修では最低15名以上、集合研修研修では最低30名以上のご参加をお願いしております。当日キャンセルで上記人数を下回ってしまったとしても開催を中止することはありませんが、できる限りご協力をお願いしております。
Q6
講師を指名することはできますか?
集合研修の場合はできます。その際は、講師の往復交通費を実施に加えてお支払いいただきます。講師のスケジュールもございますので、お早めにご相談ください。
オンライン研修の場合は講師の指名はできませんのでご容赦ください。
Q7
費用は講師個人に謝金として振り込めますか?
講師個人へ謝金としてのお振込みはできません。原則プログラム実施費として、日本財団パラリンピックサポートセンターの法人口座へのお振込みとなります。
※お見積書やお振込みに特別な申請書(委任状等)が必要な場合は、事前に事務局までお知らせください。
more