誰もが社会の一員として安心して暮らせる共生社会の実現に向けて

開催
2020.09
企業・学校・団体名
NEC(日本電気株式会社) 様
形式
オンライン

誰もが社会の一員として安心して暮らせる共生社会の実現に向けて

オンライン版「あすチャレ!Academy」の開催にあたり
NECは東京2020大会のゴールドパートナーとして、誰もが社会の一員として安心して暮らせる「共生社会」の実現に向けた活動を推進しています。この想いは、「あすチャレ!Academy」の目指す姿と共鳴する部分が多く、弊社は2016年より本プログラムに協賛をしてきました。オンライン化により、さらに全国の多くの方にご受講戴けるようになることは、私たちの目指している共生社会への大きな一歩だと感じています。

日本全国の社員が同時に学び合い、交流することで新しい価値につなげる

社員のダイバーシティの学びの場として、また東京2020大会にボランティアとして参加する社員の学びと交流の場として、開催しました。障がい当事者講師から、単なる「コミュニケーション方法」のみならず、COVID-19禍での実体験などを織り交ぜながらお話頂き、今知っておくべきことをストーリー仕立てで学ぶことができました。また、オンライン化のおかげで、物理的な距離を越え、日本全国の社員が同時に学び合い、交流できたことも、これまでにはなかった新しい価値につながったと感じています。

  • 参加者の声

    ●障がいのある方への声かけやコミュニケーション方法を具体的な形で学ぶことができ有意義でした。また、障がい当事者講師の”リアル”な声を聞けて、さらに理解が深まりました。
    ●セミナーを通して「声掛けのやりとりがあるだけで街はバリアフリーになる」「あなたが誰かの選択肢になる」ということを学ぶことができました。誰かが困っている時に、私自身がその人の選択肢となれるよう、今後は躊躇なくお声かけしようと思います!

  • 開催担当者の声

    東京オリンピック・パラリンピック推進本部
    荻野 智史 様
    「あすチャレ!Academy」のおススメポイントは、なんといっても「障がい当事者講師から”リアル”を学べること」と「パラリンピックのすごさ・楽しさを映像も交えながら学べること」です。
    講師の話はリアリティと説得力があり、今まで自分が勝手に描いていた固定観念が払拭されることも多々あります。
    また純粋に「パラリンピアンってすごい!パラリンピックって楽しそう!」と感じられる講義内容も魅力です。ぜひ、多くの方にご受講頂きたいプログラムです!

CONTACT / ENTRYお問い合わせ・お申し込みはこちらから