コロナ禍での気づきをきっかけに共生社会実現に起こすべき行動とは何かを学ぶ

開催
2021.09
企業・学校・団体名
東京FBJ会 様
形式
オンライン
担当講師
山本 恵理

コロナ禍での気づきをきっかけに共生社会実現に起こすべき行動とは何かを学ぶ

東京FBJ会会員向けダイバーシティ&インクルージョン研修として
東京FBJ会会員からの紹介であすチャレ!Academyを知りました。
人との繋がりの重要性を見直すきっかけになったコロナ禍において、企業・個人が共生社会実現に向けどのような行動を起こすべきかを学ぶ為、開催を決定致しました。

共生社会への意識や考え方が変わるあっという間の90分
今までの研修で一番感動し、心を持ち上げて頂き、あっという間の90分でした。
グループワークや視覚障がい者のサポート体験等もあり、ライブ講義型の良さを実感し、満足度も理解度も高かったです。また、障がい者へ声がけをすることの大切さを学びました。

  • 参加者の声

    ●選択肢が少なく困っている人がいることに、自分が気付いていなかったことが良くわかった。
    ●講師の話がとても面白かったです。また、実際の誘導方法などは別の画面で丁寧に解説頂いたり、動画を挟んだりして飽きさせない構成だったと思います。
    ●実際にお話を聞くことで、具体的に何から始めたら良いか、何が自分の心のストッパー(遠慮や間違えた解釈)になっていたかがよくわかりました。
    ●新たな”気づき”をずっしりといただき、マックさんの明るさも併せて本当に”心を持ち上げて”いただきました。「共生社会」という言葉の意味も深く嚙み締める機会ともなり、本当にありがとうございました。
    ●自分だったらどうされたら嬉しいか、助かるかを常に頭に置いて、電車内、駅などでできることから行動を起こそうと思います。

  • 開催担当者の声

    東京FBJ会
    事務局 ご担当者様
    参加者からは気づきと元気を頂き有意義だったという声が多く寄せられ大変好評を得ました。共生社会への意識や考え方が変わる、一人でも多くの方に受講頂きたい研修です。

CONTACT / ENTRYお問い合わせ・お申し込みはこちらから