市役所の新任管理職研修として、2年連続の実施

開催
2019.08
企業・学校・団体名
大阪府 箕面市 様
形式
対面

市役所の新任管理職研修として、2年連続の実施

昨年から市の研修に採用、障がい当事者講師のチャレンジ精神に多くを学ぶ
2年前に心斎橋で開催されたオープンセミナーに参加させていただき、感銘を受け、新任管理職研修として昨年度より研修の一環として開催していただきました。好評につき、引き続き今年度も開催させていただきました。 講義では、生まれながらの全盲でありながら、さまざまなことにチャレンジしてこられた原口講師の前向きさに心を打たれました。障がいがあることを言い訳にせず、なんでもトライしてみるチャレンジ精神から多くを学ばせていただきました。

視覚障がい者の体験ワークを踏まえ、当事者の気持ちをより深く理解
実際に障がい当事者の話を聞き、誘導の体験ワークを含む研修を受講したことによる参加者の意識変化が見られました。特に講師が全盲ということで、視覚障がい者の誘導体験が特に印象に残ったという声が多く寄せられました。

  • 参加者の声

    ●ワークを通して障がいを疑似体験することで、障がい者が何をしてもらったら助けとなるのか非常にわかりやすかった。
    ●日常生活の中で起こり得る体験をできたことで、今後の対応意識が変わった。
    ●障がい者の案内方法が分かりやすく感じられた。(選択肢を提示すると良いなど)
    ●「障がい者だから」ということだけでなく、「その人」自体のことを考えることが大切だとわかりました。
    ●障がいは人にあるのではなく、環境にあるという言葉が印象的でした。
    ●印象的だった言葉「ハートは今すぐ変えられる」。
    ●障がいの説明全般が具体的でわかりやすかった。
    ●2020のパラリンピックに行きたくなりました。

  • 開催担当者の声

    総務部 人事室人事研修グループ
    吉田 洋平 様
    市役所として障がいをお持ちの方が利用されるうえでの注意点、接し方などを学ぶことができ、受講者の意識を変えられることができました。講師である原口さんのますますの活躍を祈っております。

CONTACT / ENTRYお問い合わせ・お申し込みはこちらから