●alt●

加藤 正 KATO Tadashi

自分を表現する“武器”を見つけよう【車いすバスケットボールプログラム】

パラリンピック夏冬合わせて5回出場のマルチアスリート

長野県伊那市出身。小学2年生の時「骨肉腫」により左脚大腿部から切断。
1988年ソウルパラリンピックに競泳で出場。1994年リレハンメル冬季パラリンピックでは氷上競技「アイススレッジスピードレース」に日本人初の選手として出場。1998年長野冬季パラリンピックで、同競技で500mと1500m銀メダル、1000m銅メダル獲得。また、長野からはアイススレッジホッケー(現パラアイスホッケー)にも出場し、以後、2002年ソルトレイクシティ、2006年トリノにアイススレッジホッケーで連続出場。車いすバスケットボール選手としては、全国障害者体育大会(国体)へ長野県チームとして7回出場。
現在も、現役アスリートとしてマルチに活動している。

競技
車いすバスケットボール / アイスホッケー / アイススレッジスピードレース

パラリンピック夏冬合わせて5回出場のマルチアスリート

長野県伊那市出身。小学2年生の時「骨肉腫」により左脚大腿部から切断。
1988年ソウルパラリンピックに競泳で出場。1994年リレハンメル冬季パラリンピックでは氷上競技「アイススレッジスピードレース」に日本人初の選手として出場。1998年長野冬季パラリンピックで、同競技で500mと1500m銀メダル、1000m銅メダル獲得。また、長野からはアイススレッジホッケー(現パラアイスホッケー)にも出場し、以後、2002年ソルトレイクシティ、2006年トリノにアイススレッジホッケーで連続出場。車いすバスケットボール選手としては、全国障害者体育大会(国体)へ長野県チームとして7回出場。
現在も、現役アスリートとしてマルチに活動している。

  • プロフィール

    出身地 :
    長野県
  • 競技実績

    1985年
    【車いすバスケットボール】
    全国身体障害者スポーツ大会
    長野県代表として出場(以降7大会)
    1994年
    【アイススレッジスピードレース】
    ノルウェーリレハンメル冬季パラリンピック
    日本人初出場
    1998年
    【アイススレッジスピードレース】
    長野冬季パラリンピック
    500m 銀メダル 、1000m銀メダル
    1500m銀メダル
    【パラアイスホッケー】
    長野冬季パラリンピック 5位(最優秀選手賞受賞)
    2002年
    【パラアイスホッケー】
    米国ソルトレイク冬季パラリンピック 5位
    ※同大会のパラリンピック日本選手団主将
    2006年
    【パラアイスホッケー】
    イタリア トリノ冬季パラリンピック 5位

CONTACT / ENTRYお問い合わせ/お申し込み