loading
© The Nippon Foundation Paralympic Support Center
me ne

ParaFes 2017 UNLOCK YOURSELF LAUNCH DATE

2017

超人たちによる スポーツと音楽の 祭典

超人―それは、己の持つ可能性を最大限に解放し、
オンリーワンの輝きを放つ卓越した人間。

常識も固定概念も軽々と飛び越えて行く、人智を超えたパフォーマンスに括目せよ。

  • 世界が注目する両手のないピアニストJohnatha Bastosがブラジルから初来日 世界が注目する両手のないピアニストJohnatha Bastosがブラジルから初来日 世界が注目する両手のないピアニストJohnatha Bastosがブラジルから初来日

    わずかな腕と顎が華麗に
    鍵盤を舞う神業は必見。
    リオパラリンピック閉会式では
    足でギターを弾き鳴らした、まさに超人。
  • 平昌パラリンピックの表彰台を目指す<br>トップアスリートたちが登場 平昌パラリンピックの表彰台を目指す<br>トップアスリートたちが登場 平昌パラリンピックの表彰台を目指す
    トップアスリートたちが登場

    2年連続ワールドカップ
    総合優勝の
    森井大輝はじめ、
    アルペンスキーで
    メダルの
    期待がかかるエース達が
    ステージに登場。
  • 「和製スティービーワンダー」木下航志のブラインドコンサート 「和製スティービーワンダー」木下航志のブラインドコンサート 「和製スティービーワンダー」木下航志のブラインドコンサート

    全盲のシンガーソングライター
    木下航志が奇跡の歌声を披露。
    アイマスクを着け、
    心に染みわたる
    新感覚の響きをお楽しみに。
  • 今最注目のブレイクビーツ・ユニット、HIFANAがパラスポーツの「音」で新たな音楽を創る 今最注目のブレイクビーツ・ユニット、HIFANAがパラスポーツの「音」で新たな音楽を創る 今最注目のブレイクビーツ・ユニット、HIFANAがパラスポーツの「音」で新たな音楽を創る

    パラスポーツが生む様々な
    “音(ノイズ)”で
    両国をクラブに。
    新進気鋭のサウンドクリエイター
    HIFANAによる、前代未聞の挑戦。
UNLOCK YOURSELF UNLOCK YOURSELF

LINEUP

  • ARTIST
    • HEADLINERWANIMA
    • Johnatha Bastos
    • Koshi Kishita
    • HIFANA
  • ATHLETE
    • Takeshi Suzuki
    • Akira Kano
    • Taiki Morii
    GUEST
    • Takumi Saitoh
    • Kazutaro Nakamura
MC
  • 本田 朋子
  • nico

TICKET

全席指定 2,020 税込 円 2017.11.15 WED OPEN 18:00 START 19:00 @ 両国国技館 全席指定 2,020 税込 円 2017.11.15 WED OPEN 18:00 START 19:00 @ 両国国技館

チケットの種類

チケットの種類

  • 一般席

  • 車いす席

  • アクセシブルシート

  • 聴覚障がい対応席

アクセシブルシートについて

お身体の不自由な方や妊娠中の方など、一般席では移動や鑑賞に何らかのご不便があるお客様がご利用頂けます。同伴者の方もチケットが必要です。その他、ご質問等ございましたらParaFes事務局までお問い合わせください。

※ 車いす席、アクセシブルシート、聴覚障がい対応席をお求めの方は、チケットぴあよりご購入ください。

FAQ

ワニマ/ WANIMA

KO-SHIN(Gu/Cho)
KENTA(Vo/Ba)
FUJI(Dr/Cho)

'10年結成。熊本出身のスリーピース・ロック・バンド。 2014年10月、1stミニアルバム「Can Not Behaved!!」をリリース、11月全国ツアー”Can Not Behaved Tour”33箇所で行う。その後、軒並み大型フェスティバルへの出演を果たし、いくつもの入場規制を記録。その勢いのまま2015年8月1st シングル「Think That…」をリリース、オリコン14位を記録。そして16年11月にファーストフルアルバム「Are You Coming?」をリリース。オリコン週間アルバムチャート4位。デイリーでは11月4日1位を獲得、iTunesチャートでも首位を獲得。ツアーは全公演即日完売。16年3月にはSPACE SHOWER MUSIC AWARDSにてBEST BREAKTHROUGH ARTIST賞を、第8回CDショップ大賞では「Are You Coming?」が準大賞を受賞。2016年8月に待望のダブル・タイアップシングル「JUICE UP!!」をリリース。オリコン週間シングルチャートで4位を獲得。2017年3月にはさいたまスーパーアリーナにて初のワンマンを敢行! 現在ロック・シーンの台風の目としてシーンを席巻中!

ジョナタ・バストス/ Johnatha Bastos

音楽を愛する家庭でピアノの音と家族の歌声に囲まれて育つ。3歳の時には地元の教会で歌い始め、6歳で祖父からキーボードを習い始める。12歳頃からリオデジャネイロ内を旅しながら各地で演奏や講演活動を開始。その頃、母親のギターで遊び始めたことがきっかけで、ギタリストを目指すようになる。ギターをアンプとつないで足での演奏を可能にした「ギターペダル」を武器に、弦楽器に没頭。ブラジル全土をまわりながら演奏の腕を磨き、2010年にはソロ奏者としてギターリフを習得、好評を博す。メディア露出の機会にも恵まれ、憧れの国内トップアーティスらと次々に共演を果たす。楽器メーカー「Tagima」からの支援を受け活躍の場も広がり、2016年には英テレビ局Channel4が制作したパラリンピックのプロモーションビデオ「We're The Superhumans」にピアニストとして抜擢。Youtubeで800万回以上再生され話題を呼び、リオデジャネイロパラリンピック閉会式でもパフォーマンスを披露した。ピアノ、ギター、さらにはドラムまでを演奏するマルチ・インストゥルメンタリストとして注目を集めている。

木下 航志/ Koshi Kishita

1989年5月8日 鹿児島に生まれる。未熟児網膜症の為、生後1ヵ月で失明。2歳にして、お母さんが買ってくれたおもちゃのピアノを弾き始め、5歳でクラッシックピアノを始める。

2004年アテネパラリンピックのNHK公式テーマソングを担当。2009年ニューヨーク国連本部で日本人初のパフォーマンスを行う。2014年ブラインドサッカーワールドカップ日本代表初戦にて公式応援歌を独唱。2017年3月、駒沢公園陸上競技場にて行われた“パラ駅伝in TOKYO2017”にて国歌斉唱。同5月初のベストアルバム「サンキュー!」をリリース。6月にはFantasy On Ice2017に出演し、世界トップのフィギュアスケーターらとの共演を果たす。7月公開映画「クロス」主題歌&音楽担当。ParaFesには昨年に続いて2度目の出演となる。

ハイファナ/ HIFANA

KEIZOmachine!とジューシーにより、1998年に活動開始。

ライブでは、プログラミングやシーケンスをいっさい使用せずリアルタイムにサンプラーのパッドを叩いてビートを刻みスクラッチやパーカッションなどを乗せていく独特のスタイルと、GRVJによる映像演出を加えた音楽と映像の同期が特徴。

一方、CDやレコードなどで聴く楽曲ではプログラミングやシーケンスをふんだんに使用し独自の世界観を持つHIFANAサウンドを作っている。

日本独自の観点を昇華させたユニークな楽曲群は世界でも評価が高く、フランスはVirgin Record傘下のレーベルDelabelから海外メジャーデビューを果たし、ライブイベントではイスラエルと日本の国交60周年イベントやポンピドゥセンターでの単独公演をはじめクラブ/フェス規模から国交事業へと、国境をまたぎ世界を舞台に活動をする。

また、2006年には多業種クリエイターとの交流の場となるGROUNDRIDDIMを結成。

アート展の運営やイベント制作(ZAMURAI, 祭RIDDIM等)、子供向けワークショップの開催、企業広告への企画/音楽・映像制作など様々な活動を行ない、ソロボンヌ先生やMAHAROなどHIFANAのアートワークを手掛けるクリエイターとのイラスト/キャラクターデザインも注目を集めプロダクトデザインや空間演出なども積極的に展開する。

現在は、数多くのCM/広告に楽曲を提供しつつ、多岐にわたるミュージシャンやクリエイターとのコラボ作品、国内外でのアートイベント、LIVEや企業の公演等、活動の幅を益々広げている。

鈴木猛史/ Takeshi Suzuki

1988年5月1日、福島県生まれ。チェアスキーヤー。障がい別のクラスはLW12-2(シッティング)。

小学2年の時に交通事故で両脚大腿部を切断。小学3年でチェアスキーを始め、パラリンピックのメダルに憧れて国内外のレースに出場するようになる。

高校2年でトリノパラリンピックに出場。
2014年のソチパラリンピックでは男子座位回転で金メダル、男子座位滑降で銅メダルに輝いた。

2014-15シーズンに2度目の年間総合優勝と回転種目別優勝を達成。驚異のバランスと技術を要する「逆手」を武器に勝利を積み上げ、“回転のスペシャリスト”の名をほしいままにする。

2017年3月にピョンチャンで行われたワールドカップの男子座位回転で金メダルを獲得。2018年のピョンチャンパラリンピックでは、その回転種目で2大会連続の金メダルを狙う。

KYB所属。

狩野 亮/ Akira Kano

1986年3月14日、北海道生まれ。チェアスキーヤー。障がい別のクラスはLW11(シッティング)。

小学3年の時に交通事故で脊髄を損傷。小学5年で初めてチェアスキーに乗り、中学から本格的にスキーを始め、パラリンピックは2006年のトリノ大会が初出場。2010年のバンクーバーパラリンピックでは男子座位スーパー大回転で金メダル、男子座位滑降で銅メダルを獲得。2014年のソチパラリンピックは男子座位滑降、男子座位スーパー大回転で2つの金メダルを手にした。

高速系を得意とし、2016-17シーズンはワールドカップ年間種目別(滑降)2位、世界選手権の男子座位滑降で3位。

2018年のピョンチャンパラリンピックでは“滑降で2連覇”、“スーパー大回転で3連覇”という偉業達成に大きな期待がかかる。

マルハン所属。

森井大輝/ Taiki Morii

1980年7月9日、東京都生まれ。チェアスキーヤー。障がい別のクラスはLW11(シッティング)。

4歳でスキーを始める。その後、モーグルに夢中になり、高校入学後はアルペンスキーでインターハイを目指す。16歳の時にバイク事故に遭い、車いす生活に。長野パラリンピックを病室のテレビで観て、チェアスキーに出会う。

パラリンピックには4大会連続で出場。2006年のトリノパラリンピックでは男子座位大回転で銀メダル、2010年のバンクーバーパラリンピックでは男子座位滑降で銀メダル、男子座位スーパー大回転で銅メダル、2014年ソチパラリンピックでは男子座位スーパー大回転で銀メダルを獲得。2014年ソチ大会では日本選手団の主将も務めた。

2015-16シーズン、2016-17シーズンには2年連続でワールドカップ年間総合優勝を達成。2018年のピョンチャンパラリンピックでは悲願の金メダル獲得を目指す。

トヨタ自動車所属。

中村 壱太郎/ Kazutaro Nakamura

平成2(1990)年生まれ。東京都出身。

中村鴈治郎の長男。祖父は坂田藤十郎。母は吾妻徳穂。

平成2(1991)年11月京都南座『廓文章』の藤屋手代で初お目見得。平成7(1995)年1月大阪中座『嫗山姥』の一子公時で初代中村壱太郎を名のり初舞台。平成19(2007)年に史上最年少の16歳で大曲『鏡獅子』を踊る。平成22(2010)年3月京都南座で『曽根崎心中』のお初という大役に役柄と同じ19歳で挑む。現在、女方を中心に歌舞伎の舞台に精進しつつ、ラジオやテレビ

などにも活動の場を広げている。平成26(2014)年9月に日本舞踊の吾妻流七代目家元吾妻徳陽を襲名。平成28(2016)年8月新海誠監督作品、映画「君の名は。」ではヒロイン・三葉と四葉の姉妹が舞う巫女の奉納舞を創作。

1
/
55
1
/
55