2017.07.31

【パラサポNews】障がい別エリア別パラスポーツ診断サイト 「マイパラ! Find My Parasport」リニューアル!

日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は、4月19日に公開した障がい別エリア別パラスポーツ診断サイト「マイパラ!Find My Parasport」の第1弾リニューアルを実施した。

4月のサイト公開時に掲載されていた競技は、2017年4月時点でパラリンピック正式種目となっている計27競技(夏季22競技、冬季5競技)だったが、この度パラリンピック競技以外のパラスポーツ全般へと対象を広げ、新たに14競技を追加した。競技の追加に伴い、パラスポーツ診断では聴覚障がいと精神障がいが追加され、さらに既存の障がい種別での検索では、パラリンピック競技の中から診断するのか、すべてのパラスポーツから診断するのか選べるようになった。

また、健常者がこれまでのパラスポーツ診断を行った場合は、パラリンピックにガイドやアシスタントなどとして出場可能な競技に限定されていたが、リニューアルによって国内大会では選手として出場可能となっている競技から診断することも可能となった。加えて、ユーザーの使いやすさを考慮し、トップページでの更新情報通知、チーム検索の画面での障がい区分での絞り込み機能などを追加。登録チーム数はスタート時の246件から321件に増加している。

今回のリニューアルで追加となった競技は、5月に日本障がい者スポーツ協会の協力を得て、同協会登録団体および日本パラリンピック委員会加盟団体で掲載希望のあった競技。本サイトは、今後もリニューアルを予定しており、2020年までにすべての日本障がい者スポーツ協会登録団体競技、日本パラリンピック委員会加盟団体競技を掲載し、登録チーム数を1000件にすることを目標に展開していく予定だ。


【マイパラ!Find My Parasportの特徴】

①パラスポーツ診断
障がい種やスポーツの好みに関する簡単な質問に答えると、利用者の方にぴったりのパラスポーツを診断。障がいのない方も、ガイドやアシスタントなどでパラリンピックに出場できる競技を診断することができる。

②チーム検索
競技、エリアを入力するとクラブチームの情報を検索することが可能。「ボランティア募集」「初心者OK」「健常者OK」などのタグの表示もしているため、競技者として、またサポーターとしてそれぞれのニーズに合わせてクラブチームを検索できる。

③競技紹介・きっかけストーリー
パラスポーツにこれまで馴染みのなかった方にも親しんでいただけるよう、アスリートたちが競技を始めた「きっかけストーリー」も掲載。


■今回追加した競技
アダプテッドエアロビック、アンプティサッカー、車椅子ソフトボール、パラダンススポーツ、車椅子ハンドボール、スポーツ吹矢、CPサッカー、セーリング、知的障がい者サッカー、知的障がい者バスケットボール、デフサッカー、デフバスケットボール、デフ陸上、ロービジョンフットサル

■主な変更点
①14競技の追加
②対象障がいに聴覚障がい、精神障がいを追加し、視覚障がいを全盲と弱視に区別
③健常者が対象となる競技の追加(国内大会に選手として出場可能)
④選手のきっかけストーリーの追加
⑤チーム検索での障がい区分での絞り込み機能追加


<マイパラ!Find My Parasport>サイトへ
  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Google+