車いすカーリング
  • 平昌2018
  • 冬季
  • 肢体
車いすカーリング
wheelchair-curling
Wheelchair curling

1試合8エンド制。各エンドでハウスの中心に最も近いストーンを投げたチームが勝者となり、最も中心に近い敗者のストーンより内側にあるストーン数の合計が勝者の得点になる。ストーンを投げる際、低い姿勢でも投げやすいようにデリバリースティックを用いるのが特徴だ。さらに車いすが動かないように、仲間が後ろから支えることも認められている。1チーム4人で戦い、そのチームは男女混合で編成されなければならない。


Point 観戦のポイント
  • 注目ポイント オリンピックシーズンになるとにわかに注目を集めるカーリングだが、文字通り、観客の数や熱気が気温を高めて氷の状態を変化させる。つまり世界の注目が集まる大舞台で勝利を目指すならば、この競技の盛んな国や地域で試合を重ねておいたほうが断然いい。一般のカーリングと違ってスウィープがない分、いかに氷の状態を読んで精確なショットを放てるかが勝負の分かれ道になる。私たちに求められるのは、ズバリ“客席を埋めること”だ。

Photo フォトギャラリー


Pyeongchang 平昌2018冬季パラリンピック情報
車いすカーリング

車いすカーリングWheelchair curling