日本財団パラリンピックサポートセンター
選手
YAMAMOTO ERI

山本 恵理選手

ニックネーム : マック
パワーリフティング
Powerlifting

先天性の二分脊椎症により、生まれつき足が不自由。9歳から水泳に取り組み、パラ水泳の近畿大会や日本選手権などに出場、29歳のときに留学先のカナダでパラアイスホッケーに出会い、強豪のカナダ代表選手らとプレーする。大学院で障がい者スポーツを学んでいたが、自国開催の東京2020パラリンピックに関わる仕事をするために32歳で帰国。2015年より、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)職員。2016年の5月、東京都主催のパラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」で初めてパワーリフティングを体験し、「パワーリフティングをやる人生とやらない人生どっちがおもしろいだろう」と考えた結果、「もう一度、夢を追いかけよう」と決意し、選手として東京パラリンピックを目指すことに。パラサポで障がい者理解の事業を担当しながら、国内外の試合に出場中。

【アピールポイント】
「集中ゾーンに入ったときの爆発力、バーベルの挙上スピード。
練習でも、きちんと集中して行うと、重りの重量に関わらず“スピード感のある挙上”ができます」

私にとっての i enjoy

心・技・体が一体になったときの感覚です。パワーリフティングでは自分で宣言した重量を正しく、美しく挙げないといけません。すなわち、有言実行を3回繰り返すようなものです。事前にイメージした通りに自分の試技が運んだときが一番楽しいと感じます。
Profile 選手プロフィール
  • 競技名

    パワーリフティング競技詳細
  • 生年月日

    1983.05.17
  • 性別

    女性
  • 身長 / 体重

    137 / 54
  • 出生地

    兵庫県 神戸市
  • 所属

    日本財団パラリンピックサポートセンター
  • ポジション / クラス

    女子55㎏級
  • 主な成績

    2017年

    FAZZAワールドカップドバイ大会 女子55kg級 6位 

    2018年

    ボゴタ2018アメリカ選手権 女子55kg級 6位

    2019年

    全日本選手権 女子55kg級 1位 ※日本記録59㎏樹立

    2019年

    ヌルスルタン世界選手権(カザフスタン)女子55kg級 12位

    最終更新日:2019.07.19

Photo フォトギャラリー
山本 恵理 選手

山本 恵理 選手パワーリフティング