日本財団パラリンピックサポートセンター
選手
OKAZAKI Aiko

岡崎 愛子選手

ニックネーム : オカザキ
アーチェリー
Archery

大学2年生だった2005年4月、JR福知山線脱線事故に遭い、頸髄を損傷。首から下にまひが残る。アーチェリーとの出会いは2013年の冬。母のすすめで初めて弓を持ち、2018年から介助者とともに大会に参戦。同年9月、コンパウンドボウを新しく変えたことをきっかけに急成長し、2019年6月に初めての国際大会となる世界選手権に出場。個人戦は初戦敗退ながら、ミックス戦(W1)で3位になり、東京2020パラリンピックの出場枠を獲得した。

【アピールポイント】
「10年以上前から地道にトレーニングを続けています。その結果、関節や筋肉をしなやかに保ち、障がいが重くても弓を引くことができています!」

私にとっての i enjoy

障がいゆえ体温調整ができず、気候の変動が激しいときにいいプレーをすることが難しいのですが、雨や強風などコンディションが悪い日に、弓が的のど真ん中に当たると嬉しいです。
Profile 選手プロフィール
  • 競技名

    アーチェリー競技詳細
  • 生年月日

    1986.01.10
  • 性別

    女性
  • 出生地

    大阪府
  • 所属

    ベリサーブ
  • ポジション / クラス

    W1(車いす)女子
  • 主な成績

    2019年

    第43回のじぎく杯アーチェリー大会
    W1女子2位

    2019年

    パラアーチェリー世界選手権大会(オランダ)
    W1女子9位、ミックス戦(W1)3位

    2019年

    第29回交流アーチェリー大会
    W1女子1位

    最終更新日:2019.11.21

Photo フォトギャラリー
岡崎 愛子 選手

岡崎 愛子 選手アーチェリー