クロスカントリースキー
  • 平昌2018
  • 冬季
  • 肢体
  • 視覚
クロスカントリースキー
nordic-skiing
Nordic Skiing

クロスカントリースキーは、立位(スタンディング)、座位(シッティング)、視覚障がい(ビジュアリーインペアード)の各カテゴリーでメダルを争う。立位と視覚障がいカテゴリーでは、専用のカッターで作られた二本の溝を滑るクラシカル走法と、主にスケーティング走法を用いるフリー走法の2種目が行われる。

Photo フォトギャラリー


Point 観戦のポイント
  • 注目ポイント 3つのカテゴリーは、さらに障がいの種類や程度、運動機能などによってクラス分けされ、実走タイムにクラスごとに設定された係数を掛けた計算タイムで順位が決まる。視覚障がいカテゴリーの選手は、前方を滑る「ガイド」の音声によるサポートを受けて競技する。座位カテゴリーの選手は、2本のスキーにフレームを取り付けた「シットスキー」に乗って競技を行う。

Pyeongchang 平昌2018冬季パラリンピック情報
クロスカントリースキー

クロスカントリースキーNordic Skiing