香取慎吾が見たピョンチャン vol.4 選手村で出会った「支える人に共感!」

香取慎吾が見たピョンチャン vol.4 選手村で出会った「支える人に共感!」
2018.03.12.MON 公開

韓国入りして4日目。パラサポ・スペシャルサポーターの香取慎吾さんから、選手村のなかを訪れた報告です。選手には、とても心強いサービスがありました。

義足が壊れた。さあ困った。そんなとき、選手たちが駆け込める心強い場所が選手村にあるんです。香取さんが訪ねたのは、「修理サービスセンター」。
「選手は体調が万全でも、義足やチェアスキーに不具合があったら、試合で100%の力が発揮できないよね」と香取さん。

23人のスタッフによる昼夜問わずの選手サポート

ドイツの義肢装具の会社、オットーボック社が運営する修理サービスセンターは、大会中に250件以上の修理を手がけるそうです。世界から23人のスタッフが昼夜問わず、交代で対応しています。

選手村のオットーボック社を訪れ、車いすの点検をする技術者を見つめる香取慎吾さん

「修理費用は無料って、びっくり。自社以外の道具も直してくれるんだって。だから、センター内には他社のも含めてたくさんの部品が備えてあった」

技術スタッフの中には日本人も。「修理するものがたくさんあって、時間も限られているけど、その大変さを語っていた顔はすごく生き生きしていたなあ。あれが、やりたいことをやれている人の笑顔なんだと感じた」と香取さん。

オットーボック社修理センター技術者の高橋俊潤さん(左)から話を聞く香取慎吾さん

日本選手もよく利用しているようです。「アイスホッケーの上原大祐選手は、氷をかくスティックを短くしてもらったそうです。ほかにも、『丈の長いスタジアムジャンパーのすそを切って』という依頼もあったんだって。車いす選手がジャンパーを着て座っても、邪魔にならないように。『めがねを直して』っていうリクエストもあったみたい」

支える立場になれたから

五輪にはない、パラリンピックならではのサービスに香取さんは感慨深げ。

選手村のオットーボック社に展示されている義手に興味津々の香取慎吾さん

「選手たちの活躍の裏にはこんな、縁の下の力持ちがいたんだと思った。ぼくたちも、チャリティーソング『雨あがりのステップ』の売り上げをパラスポーツ支援に充てることにした。支える立場になれたから、支える人に共感できる。オットーボックの修理サービスセンターは一人じゃないよ、というのを教えてくれる場所でした」


関連記事
香取慎吾が見たピョンチャン vol.3 初観戦「チェアスキーって格好いい!」 香取慎吾が見たピョンチャン vol.2「夢の祭典、開会式をenjoy!」
香取慎吾が見たピョンチャン vol.1 「パラリンピックのすべてを知りたい」
過去最高の1万7100人が盛り上げたパラ駅伝 in TOKYO 2018 稲垣さん・草彅さん・香取さんがパラスポーツ応援チャリティーソングを発表!

パラリンピックをもっと楽しむためのウェブマガジン平昌2018冬季パラリンピック特集
平昌2018冬季パラリンピックの競技スケジュール
平昌2018冬季パラリンピック日本代表選手団

text by Issei Sakakibara / The Asahi Shimbun
Photo by Reina Kitamura  / The Asahi Shimbun

(朝日新聞・パラサポ共同企画)
朝日新聞デジタル「平昌パラリンピック特集」はこちら

香取慎吾が見たピョンチャン vol.4 選手村で出会った「支える人に共感!」

『香取慎吾が見たピョンチャン vol.4 選手村で出会った「支える人に共感!」』

title_athlete

競技選手