日本財団パラリンピックサポートセンター
選手
SETO YUJIRO

瀬戸 勇次郎選手

ニックネーム : せとじろう、Yじろー
柔道
Judo

先天性の目の病気(色覚異常の一種)により、弱視(右は0.07、左は0.05)で、人や物がぼんやり見え、光をまぶしく感じる。柔道との出会いは、4歳のとき。2つ上の兄に誘われ、スポーツ少年団に入り、地区大会などで活躍。小学校高学年以降、なかなか勝てなくなるが、中学、高校も部活動で柔道を続け、修猷館高校時代、団体戦の全国大会である金鷲旗高校柔道大会にも出場。それがきっかけで視覚障がい者柔道の関係者に声をかけられ、高校3年で全国視覚障害者学生柔道選手権に出場。翌年の2018年、全日本視覚障害者柔道大会(男子66kg級)でパラリンピック3大会金メダルの藤本聰を破り一躍脚光を浴びる。現在は、福岡教育大学で特別支援学校教諭になるための勉強をしながら、柔道部で汗を流し、東京パラリンピック出場を目指す。 (2019.8)

【アピールポイント】
「相手の技を切り返し、その直後に大技をかけて勝負を決めます!」

私にとっての i enjoy

いつでも楽しいのですが、より楽しめたときが一番強さを発揮でき、勝利にもつながっているように思います。
Profile 選手プロフィール
  • 競技名

    柔道競技詳細
  • 生年月日

    2000.01.27
  • 性別

    男性
  • 身長 / 体重

    169 / 66
  • 出生地

    福岡県 糸島市
  • 所属

    福岡教育大学
  • ポジション / クラス

    男子66kg級
  • 主な成績

    2017年

    全日本視覚障害者柔道大会
    男子66kg級 3位

    2018年

    全日本視覚障害者柔道大会
    男子66kg級 1位

    2019年

    東京国際視覚障害者柔道選手権大会2019
    男子66kg級 1位

    2019年

    IBSA柔道グランプリ バクー大会(アゼルバイジャン)
    男子66kg級 二回戦敗退

    最終更新日:2019.09.02

Photo フォトギャラリー
瀬戸 勇次郎 選手

瀬戸 勇次郎 選手柔道