日本財団パラリンピックサポートセンター

車いすラグビー橋本勝也、“次世代エース”が語る僕の競技人生に欠かせない人物

車いすラグビー橋本勝也、“次世代エース”が語る僕の競技人生に欠かせない人物
2019.10.16.WED 公開

「車いすラグビーワールドチャレンジ2019」日本代表最年少の高校生プレーヤー橋本勝也。中2で車いすラグビーを始め、現日本代表ヘッドコーチのケビン・オアー氏にその才能を見出されて世界の舞台へ。先輩たちの背中を見つめながら貪欲にひた走る彼を支える人たちとは? 橋本勝也の競技生活に大きな影響を与えた5人を教えてもらった。

橋本選手のプロフィールはこちら

◇一番近くで見守るサポーター
父・信也さん

「父の存在は大きなものです。トレーニングを行っている体育館へ週一回の送迎をしてくれるほか、所属するクラブチーム『TOHOKU STOMERS』が練習する体育館へは車で片道1時間半以上かけて連れて行ってくれます。最初に、車いすラグビーをやりたいと言ったときは驚いたと思うけど、今は最も近くで見守ってくれていますね」

◇車いすラグビーの基本を教えてくれた恩人
所属チームの選手兼監督・三阪洋行さん

「『僕、車いすラグビーやりたいです』と最初に伝えたのが「TOHOKU STOMERS」の三阪さんです。周囲に車いすラグビーを勧められたものの、まだ本格的にやろうかどうか心が固まっていなかったとき、三阪さんと会い、こうして車いすラグビーにのめり込むようになりました。三阪さんは元日本代表選手でもあり、現在は日本代表アシスタントコーチを務めています。今もクラブチームでお世話になっていますし、戦術など車いすラグビーの基本を教えてくれたという意味でも競技生活を語る上で欠かせない存在です」

日本代表のケビン・オアーHC(右)と三阪洋行AC(左)

◇競技環境を整えてくれた地元の“先輩”
福島県障がい者スポーツ協会・増子恵美さん

「その三阪さんと僕を引き合わせてくれたのが車いすバスケットボール女子の元日本代表であり、同じ三春町出身の増子恵美さんです。スポーツ経験がほとんどなかった僕は定期的に健診を受けている福島県総合療育センターの医師に勧められ、福島県障がい者スポーツ協会の運動導入教室に通うところから始めたのですが、その事務局をやっているのが増子さんでした。基本的な競技用車いす操作は教室で学びましたし、今も週1~2回、学校が終わった後、トレーナーの下で体幹トレーニングに取り組むことができています。他にもチーム練習を誘致してくれたり、福島のパラリンピアンに日常用の車いすを譲ってもらえるよう頼んでくれるなど、学生の身分である僕が競技を続けられるように知らないところで動いてくださっていてすごく感謝しています」

alt=”” width=”300″ height=”300″ class=”alignnone size-full wp-image-7499″ />

【from増子さん】中2のころは、少しぽっちゃり気味でした。障がい者スポーツドクターも障がい者スポーツトレーナーも身体機能を高く評価していましたし、トレーニングの習得も早くて目を引くものがありましたね。車いすラグビーを始めてからは、所属チームの練習環境や費用をサポートし、学業と競技を両立できるように、みんなで連携しながら支えてきました。橋本選手が子どもたちのモデルになってくれてうれしいです!

競技生活に影響を与えた人物について語る橋本

◇世界で戦うチャンスを与えてくれた恩師
日本代表チームのケビン・オアーヘッドコーチ

「強化合宿などで指導をしてくれるケビンには感謝の気持ちでいっぱいです。ケビンが自分を選んでくれなければ、こうして代表選手としてプレーしていませんから。ケビンはアメリカ人コーチで、これまでもアメリカやカナダの代表チームを指揮してきましたが、今後日本以外のチームを指導するというときに、『勝也は俺が育てた』と自慢してもらえるような活躍をしたいですし、何よりそのチームを苦しめるようないいプレーを見せたいです。東京パラリンピックに向けてはケビンからの期待も感じているので、とにかく必死です!」

◇成長の道筋を作ってくれる目標
日本代表のエース・池崎大輔選手

「昨年の世界選手権でMVPを獲得した池崎大輔さんは、日本を代表するプレーヤー。スピードも、メンタルも一流です。同じハイポインター(障がいが比較的軽く持ち点が高い選手)でもあり、今はプレーヤーとして目標とする存在ですが、いつかは超えたい、越えなければならない壁だと思っています。あと、日本代表の合宿などでは、自分や若手を気にかけてくれて部屋に来てくれたりするのでうれしいですね。自分ももっと経験を積んで、池崎さんのように長い時間コートで活躍できる選手になりたいです」

池崎大輔(右)と会話を交わしながら練習する橋本

パラアスリートの物語には実に多くの登場人物が登場する。まだ見ぬ高みを目指して挑戦する選手たちは、彼らをバックアップする周りの人たちと共に栄光の道を切り開く。

▼橋本勝也 選手のフォトギャラリーはこちら
東京2020パラリンピック「OEN-応援」サイト

text by Asuka Senaga
photo by Masashi Yamada,X-1

車いすラグビー橋本勝也、“次世代エース”が語る僕の競技人生に欠かせない人物

『車いすラグビー橋本勝也、“次世代エース”が語る僕の競技人生に欠かせない人物』