日本財団パラリンピックサポートセンター

14歳の山田美幸が最年少メダル! ロケットスタートでつかんだ水泳100メートル背泳ぎ銀

14歳の山田美幸が最年少メダル! ロケットスタートでつかんだ水泳100メートル背泳ぎ銀
2021.08.26.THU 公開

東京2020パラリンピックは25日に競技を開始し、水泳の女子100メートル背泳ぎ(S2)決勝に出場した山田美幸は、2分26秒18で2位となり、銀メダルを獲得した。取材エリアで感想を聞かれると「とても興奮していて、とても嬉しいです。あと、とても楽しかったです」と早口で一気に言いながら、笑顔を見せた。

言われるまで気づかなかった「史上最年少」

山田は、日本選手団で最年少の14歳。今大会の日本勢初のメダルを獲得するとともに、1984年ニューヨーク大会で陸上競技に出場し、16歳で銅メダルを獲得した嶋津良範を抜いて、日本のパラリンピック史上最年少メダリストとなった。

レース直後に受けたテレビインタビューで告げられるまで最年少記録の更新を知らなかったという山田は、「先ほどの取材で初めて聞きました。とてもビックリしていますし、私だけの力じゃなくて、応援してくださる皆様の力もあってこそだと思っています」と周囲のサポートに感謝を示した。

レースでは、ロケットスタートが生きた。コーチに支えてもらって姿勢を整え、両足キックでスタートするために身をかがめる山田は、隣の第2レーンで大きく腕を伸ばしてスタートを待つ選手と比べて、体が半分ほどに小さく見えた。しかし、スタートで飛び出すと、一気に加速。50メートル手前まで先頭を泳いだ。

ターン手前で隣の第4レーンを泳ぐシンガポールの選手に抜かれたが、予選より3秒ほど早い1分6秒65で折り返し、2人で他の選手を大きく引き離す展開に持ち込んだ。後半はペースダウンしたが、リードをしっかりと生かし、余裕を持って2位でフィニッシュ。銀メダルを獲得した。

脅威の修正力で自己採点は100点満点!

「修正力」も大きな勝因だ。午前中に行われた予選では、緊張感から力みが出た。プールの水に入った瞬間、体がガクガクと震えたことに驚いたという。

レース後に「急に冷たい水に入ったというのもあると思うんですけど、緊張もあったと思う。緊張を心だけじゃなく、体でも感じたのは初めてで、とてもビックリしました」と明かし、レース展開についても「足が固まったというか、動かなくなった。ストレッチとかで体をしっかりと温めて、後半もしっかり動けるようにしたい」と後半のペースダウンを課題に挙げた。

予選は、全体3位の2分34秒35。決勝で実力を発揮できるかどうかという緊張との戦いに、山田は「開き直って、緊張しても楽しもうという気で行ったら楽しめて、自分の泳ぎができた」と若さ全開の思い切りで挑んだ。予選より3秒早い前半になったが、後半は予選よりも5秒も早いペースでスピードを維持。しっかりと、予選の改善点をレースで体現してみせた。

レース後、山田は会心の泳ぎをこう振り返った。

「スタートもターンも、予選より100倍うまくできた。自分の中では100点満点なので、とてもよかったと思います。後半も前半で飛ばした分、落ち過ぎず。予選はすっごい落ちていたと思うんですけど、(決勝では)落ちずに維持できたと思っています」

可能性がまだまだ広がり続ける14歳

小児ぜんそくの対症療法として5歳で始めた水泳が、大舞台につながった。当初は自由形の選手だったが、昨年2月に障がいのクラス分けでS3から、一つ障がいが重いS2に変わり、自由形の出場種目がなくなってしまった。背泳ぎに転向してから1年半。自慢のキックに加え、上半身の動きでも水の抵抗を減らす泳ぎでスピードを上げてきた。2021年1月、3月と日本記録を更新。今回は日本記録更新には至らなかったが、世界最高峰の舞台でも物怖じせずに実力を発揮し、史上最年少という偉業を成し遂げた。

水泳以外でも左足を使うのが得意

山田は、生まれつき両腕がなく、足は左右で長さが違う。右より少し長い左足を器用に使うのが印象的。入場時にコールに応えて挙げるのも左足だ。表彰式では、コーチにメダルをかけてもらうと、何度もまばたきをして、夢のような時間を味わった。記念の花は、左足でしっかりとつかみ、香りも楽しんだ。

初出場の大舞台。初めてのパラリンピックのメダル。いろいろなものが初めての経験だ。まだ14歳。今後も新しい経験は続いていく。競技初日に史上最年少記録を打ち立てたニューヒロインの活躍は、パラリンピックの盛り上がりと、日本チームの勢いにもつながっていく。大きな可能性と価値が詰まった日本勢初のメダル獲得だ。

表彰式で笑顔を見せる山田(左)
photo by kyodo

edited by TEAM A
text by Takaya Hirano
photo by Takashi Okui

14歳の山田美幸が最年少メダル! ロケットスタートでつかんだ水泳100メートル背泳ぎ銀

『14歳の山田美幸が最年少メダル! ロケットスタートでつかんだ水泳100メートル背泳ぎ銀』

お役立ち情報

北京2022冬季パラリンピック特集

北京2022冬季パラリンピック特集

北京2022冬季パラリンピック特集

東京2020パラリンピック情報はこちら