日本財団パラリンピックサポートセンター

はじめてのパラリンピック観戦 vol.8 ~平昌フォトウォーク編~

はじめてのパラリンピック観戦 vol.8 ~平昌フォトウォーク編~
2018.03.16.FRI 公開

こんにちは。観音クリエイションです。

パラリンピックの会場やその周辺って普段なかなか見れない景色なので写真撮ってて面白いです。

というわけで今回は僕が撮影してきた写真を添えて、平昌冬季パラリンピック会場のおすすめ撮影スポットを紹介します。

メダルセレモニーが行われるメダルプラザ

まずはメダルプラザ。

ここはライトアップが美しいのでぜひ夜がおすすめ。

ちょうどいい光量で照らされた各国の国旗がはためいているのを眺めていると「パラリンピックを観に来たぞ!」という気持ちが高まります。

逆側もぐるっと。

ここメダルプラザではメダルセレモニーがおこなわれます。

みんな撮影したくてスマホを高く掲げているので撮影ポジションを確保するのが難しいのですが、あえてスマホの画面を撮ったほうが雰囲気出て面白かったり。

メダルプラザの近くの小道には韓国風の提灯が飾られていました。

寄ると幻想的になって良い感じ。

迫力のピクトグラム

パラリンピックのピクトグラムってセンス良くて目を惹きますよね。

各競技場の入り口には写真のように大きなものがドドンと張られているのでとても迫力があります。ちなみにこれは車いすカーリングのピクトグラム。

旌善(チョンソン)アルペンセンター

アルペンスキーなどが行われる会場の入り口です。
ここは国旗がずらっと並んでいる上にひらけているので記念撮影に良さそう。

人がいなくなったタイミングを見計らって真ん中に立って1枚撮りたい。

民族衣装が華やかなパレード

運が良ければ会場でパレードを見かけることも。
民族衣装を身にまとった100人規模の行進は圧巻でした。

写真撮りたがっていると目線くれる。

優しい。

韓国の民族衣裳は色使いが華やかで良いですね。

おまけ:道端の雪だるま

誰が作ったのか、なかなか力作な雪だるまが立っているのをいくつか発見しました。
多分平昌冬季パラリンピックの公式大会マスコットのバンダビ。ポーズが良い。

やったぜ。

まとめ

そんな感じでパラリンピックでは競技以外にも目に飛び込んでくるものが面白いので、ぜひカメラ片手に行きましょう。きっと2020年の東京パラリンピックでも色々と撮影スポットができるはず。

今から楽しみです。

以上、観音クリエイションでした。


関連記事
はじめてのパラリンピック観戦 vol.7 ~スノーボードクロス観戦編~ はじめてのパラリンピック観戦 vol.6 ~“パラサポウェブマガジン”の活用法編~ はじめてのパラリンピック観戦 vol.5 ~アイスホッケー日韓戦編~ はじめてのパラリンピック観戦 vol.4 〜開会式編〜

text & photo by Kannnonn-Creation

はじめてのパラリンピック観戦 vol.8 ~平昌フォトウォーク編~

『はじめてのパラリンピック観戦 vol.8 ~平昌フォトウォーク編~』