日本財団パラリンピックサポートセンター

アルペンスキー村岡桃佳・パラアスリート物語

アルペンスキー村岡桃佳・パラアスリート物語
2018.04.03.TUE 公開
※本記事は2017年秋、平昌冬季パラリンピックを控える村岡選手に取材し、パラスポーツマガジンVol.2に掲載されたものです。

2017年3月に行われたW杯白馬大会スーパー大回転(女子座位)で優勝し、平昌大会ではメダルを狙う村岡選手。レース中の真剣なまなざしの一方で見せるかわいらしい素顔に迫ります。

一年の約半分は遠征だが、それ以外は大学のスキー部で寮暮らし。
「普段は朝6時起き。寮の朝礼があり、そのあと朝食をすませて、準備して授業に向かいます。午後の授業がない日は、国立スポーツ科学センターに行って車いすを漕いだり筋トレしたり。帰宅は9時前になってしまうため、そんな日は勉強は『ごめんなさい!』でベットに直行しちゃいます」

綺麗にまとめられているノート。留学にも興味があるそう。
楽しそうにキャンパスライフを語る村岡選手

いまは平昌に向けて忙しい日々。さぞかしシンプルなものに囲まれて生活していると思いきや、意外なことに身の回りのタオルや枕はキャラクター尽くしだそう。
「幼い頃の夢はキティちゃんでしたから(笑)」

お気に入りのキャラクターたち。遠征に一緒に連れて行くことも。
読書好きの村岡選手。手芸も大好きで、このブックカバーは手作り。

オフの日は友人や妹と車ででかけることも多い。『ももいろクローバーZ』が好きなのは妹の影響で、ライブに行くことも。でも、4人部屋の寮ではイヤフォンを付けて音楽をひっそりと聴くんだとか。
「寮にいるときは、音楽を聞いたり、読書したりしていますね。古本屋でマンガをまとめて買ったり……。あとは東野圭吾さんの作品がすごく好きで遠征にも持っていくほどです。アルペンスキーは個人競技だから、基本的にひとりで過ごすのが好きなんですよ」

シンプルでカジュアルな服が好きだという村岡選手。

幼い頃からインドア派だったという村岡選手。そんな彼女を外に連れ出し、パラリンピックという目標に引き合わせてくれたのは父の秀樹さん。「メダルを獲ったら、父にいちばんにかけてあげたいです」

村岡桃佳(むらおかももか)選手

1997年、埼玉県生まれ。4歳のときに横断性脊髄炎を患い、車いす生活に。中学2年から本格的にスキーを始め、高校2年で出場したソチパラリンピックでは大回転で5位。その後、早稲田大学のトップアスリート入試にパラリンピアンとして初めて合格し、現在はオリンピアンを多数輩出する名門スキー部に所属。
目標としているのは森井選手。理由は「競技の時はすごく真剣なのに突然スイッチ切れたかのように、オンオフ激しい感じがすごいなと思う。オンのときのその姿って本当に真剣で、本当、かっこいいなあと思う」。

text by Parasapo
photo by Mariko Mibu

(パラスポーツマガジンVol.2より転載)

アルペンスキー村岡桃佳・パラアスリート物語

『アルペンスキー村岡桃佳・パラアスリート物語』