「全て出し切った」「夢の世界」北京冬季パラリンピックの日本選手たちが残した言葉

「全て出し切った」「夢の世界」北京冬季パラリンピックの日本選手たちが残した言葉
2022.03.24.THU 公開

さまざまな困難のときにも鍛錬を続け、高みを目指す――自分らしく輝くパラアスリートの言葉には選手たちの魅力が詰まっている。10日間にわたって行われた北京冬季パラリンピックを印象に残った言葉で振り返る。

アルペンスキー・村岡桃佳

「どうしても金メダルが欲しかった」

日本代表選手団の主将が競技初日、滑降で金メダル。

photo by AFLO SPORT

アルペンスキー・森井大輝

「3番というメダルを獲りに来たわけではない」

5大会連続メダルとなる銅メダルを獲得した心境を聞かれて。

photo by Getty Images Sport

バイアスロン・佐藤圭一

「すべてのアスリートが平和を願っている」

ウクライナ侵攻で揺れるなか、かねてから交流のある選手たちとレースで競い合い、たたえ合った。

photo by AFLO SPORT

スノーボード・岡本圭司

「ここから4年は、僕たちの第2章。『口だけ』にはなりたくない」

チーム一丸で(追い求めるうえでの)形を見つけたが、メダルはなし。「ここから4年でどう伸ばすか」

photo by AFLO SPORT

アルペンスキー・小池岳太

「へたくそだなと思いながらも、この大会に出られることに感謝」

5度目のパラリンピックで上位に食い込めずも、力を出し切った。

photo by Getty Images Sport

クロスカントリースキー・川除大輝

「これが写真とかで見たメダルだな」

「自分でもびっくり」冬季大会の日本男子最年少金メダリストに。

photo by Getty Images Sport

スノーボード・二星謙一監督

「おじさんたちの技術力も体力もまだまだ上がっていける」

平均年齢37歳。競技にかけるモチベーションの高いスノーボード代表6人を指して「スノーボードが好きなうちは技術は絶対、上がっていくんです」

photo by AFLO SPORT

アルペンスキー・神山則子

「目標を作って、それに向かって全力でかけていけること。パワーの源」

今大会に出場した日本代表選手の最年長。スポーツが人生にもたらしてくれたことを問われて。

photo by AFLO SPORT

クロスカントリースキー・有安諒平

「世界最弱の1番」

夏冬二刀流でスキー歴4年。「この瞬間のために積み重ねてきた人たちが集まっているレース。(ビブスナンバーも)実績も1番少ないが、一席をもらっている責任を背負っている」

photo by AFLO SPORT

アルペンスキー・狩野亮

「僕らの世界も、同じ舞台で戦える証明」

2014年ソチ大会の金メダリスト。若手が台頭し、レベルも向上。「コースの難易度が年々、健常者に近づいていっているのは本当に嬉しいこと」

photo by Getty Images Sport

スノーボード・大岩根正隆

「僕にとっては、夢のまた夢みたいな世界だった」

一度はスノーボードを断念したが、再挑戦してパラリンピックに初出場。「自分がやりたいって気持ちがあれば、一歩一歩前に進めるなって」

photo by AFLO SPORT

クロスカントリースキー・新田佳浩

「すべて出し切った。満足しています」

7度目のパラリンピックを終えて。最後のリレーは7位入賞。

photo by Getty Images Sport

text by TEAM A
Photo by REUTERS/AFLO

「全て出し切った」「夢の世界」北京冬季パラリンピックの日本選手たちが残した言葉

『「全て出し切った」「夢の世界」北京冬季パラリンピックの日本選手たちが残した言葉』

北京2022冬季パラリンピック

北京2022冬季パラリンピック

北京2022冬季パラリンピック

東京2020パラリンピック情報はこちら