日本財団パラリンピックサポートセンター

香取慎吾が見たピョンチャン vol.10 「まず応援してみるといい!誰かに応援されたいなら」アイスホッケー観戦にて

香取慎吾が見たピョンチャン vol.10  「まず応援してみるといい!誰かに応援されたいなら」アイスホッケー観戦にて
2018.03.18.SUN 公開

平昌冬季パラリンピックに、2大会ぶりに出場したアイスホッケーの日本は5戦全敗。1勝が遠いまま、最下位の8位で今大会を終えました。それでも、初戦の韓国戦を現場で応援したパラサポ・スペシャルサポーターの香取慎吾さんには充実感がありました。

チームの平均年齢が香取さんの年齢41歳とほぼ同じ。そんなアイスホッケー日本代表の雄姿を目に焼きつけました。

アイスホッケー日韓戦 © Getty Images Sport

がんばれ、いけー!初めてみたけど、自然と声が出てしまう。日本の初戦の相手は地元韓国。見ているこちらが心配してしまうほど、スレッジ(そり)や体のぶつかり合いが激しい」

日韓戦での激しいタックル © Getty Images Sport

「選手たちは普段とは別人のようだ。初戦の2日前に選手村で選手とお会いしたんです。その時はすごくリラックスしていたのに」

競技は1次リーグから順位決定戦まで、全5試合の長丁場でした。
「気を張り続けていると疲れてしまう、と主将の須藤選手は言っていた。リンクの上では一転、燃えたぎる思いがプレーに出ている」

試合終盤、韓国に2点目を奪われても、香取さんは声援を送り続けます。

アイスホッケーの応援におもわず力が入る香取さん

「熱く燃えた男たちが、お互いに励まし合っている。すごく重い失点のはずなのに、『まだ、これから。みんなで行こうぜ』と気持ちを一つにしているように見える。がんばれ!」

待ちに待った日本の得点

「得点したのは誰? 高橋選手だ。最初に選手村で会った選手。すごい。みんな大盛り上がり」

高橋選手が得点 © Getty Images Sport

「みんな完全アウェーと言っていたけど、聞き慣れた『ニッポン、チャチャチャ』の声援も響いている。日本の応援も相手に負けていないと感じる」

アイスホッケーは、日本から唯一出場した団体競技だけに、香取さんの応援にも熱が入りました。

「人は誰でも褒めて欲しいし、応援して欲しい。ぼくだってそう。だけど、そうしてもらうためには、逆に応援してみることがいいんじゃないかな。して欲しいことを逆にしてあげることで、感じられることがある。すごくすがすがしい気持ちになれました」


関連記事
香取慎吾が見たピョンチャン vol.9「2020東京が人の心に残せるものは」 香取慎吾が見たピョンチャン vol.8「2020年ボランティア、挑戦して!」 香取慎吾が見たピョンチャン vol.7 IPC パーソンズ会長と2020年を語る 香取慎吾が見たピョンチャン vol.6 自分と重ね /スノーボードクロスを観戦
パラリンピックをもっと楽しむためのウェブマガジン平昌2018冬季パラリンピック特集
平昌2018冬季パラリンピックの競技スケジュール
平昌2018冬季パラリンピック日本代表選手団

text by Issei Sakakibara / The Asahi Shimbun
photo by Reina Kitamura  / The Asahi Shimbun

(朝日新聞・パラサポ共同企画)
朝日新聞デジタル「平昌パラリンピック特集」はこちら

香取慎吾が見たピョンチャン vol.10  「まず応援してみるといい!誰かに応援されたいなら」アイスホッケー観戦にて

『香取慎吾が見たピョンチャン vol.10 「まず応援してみるといい!誰かに応援されたいなら」アイスホッケー観戦にて』