日本財団パラリンピックサポートセンター

【GO Journal】渋谷区役所の新庁舎で写真展を開催

【GO Journal】渋谷区役所の新庁舎で写真展を開催
2019.02.18.MON 公開

日本財団「スポーツの力」写真展にて
蜷川実花監修「GO Journal」の写真も展示

会期: 2019年2月19日(火)~4月25日(木) 入場無料
会場: 渋谷区新庁舎15F スペース428

   

渋谷区と日本財団が、ソーシャルイノベーションに関する包括連携協定の一環として、2019年1月にお披露目された渋谷区の新庁舎にて開催するSHIBUYA オリンピック・パラリンピック Special Weeks ~日本財団「スポーツの力」写真展~内にて、日本財団パラリンピックサポートセンターは、蜷川実花氏がクリエイティヴ・ディレクターとして監修するパラスポーツと未来を突き動かすグラフィックマガジン「GO Journal」の写真を展示します。

「GO Journal」1号(陸上とボッチャ)・2号(水泳と車いすフェンシング)の写真を中心に、また最新刊(3号*)の発刊後は3号の写真も展示、会場内では「GO Journal」1~3号を無料配布**します。

*3号の発刊と配布については、3月中に別途プレスリリースを発行します。
**3号の配布は、3月中旬からとなります。

SHIBUYA オリンピック・パラリンピック Special Weeks
~日本財団「スポーツの力」写真展~

会場:渋谷区役所15Fスペース428 (渋谷区宇田川町1-1)
会期:2019年2月19日(火)~4月25日(木)
開館時間:10:00~17:00 ※土曜日は12:00~17:00、日・祝日は休館
入場料:無料
主催:渋谷区、日本財団

GO Journal(ゴージャーナル)
主催:日本財団パラリンピックサポートセンター
価格:無料
部数:20,000部
判型:A3タブロイド判型
協賛:キヤノン株式会社、全日本空輸株式会社、大日本印刷株式会社、東京地下鉄株式会社

「GO Journal」クリエイティヴ・ディレクター
蜷川実花|Mika Ninagawa
写真家、映画監督

木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』『人間失格』(ともに2019年公開予定)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。台北、上海などアジアを中心に大規模な個展を開催し、動員記録を大きく更新するなど人気を博し、世界的に注目を集めている。2018年熊本市現代美術館を皮切りに、個展「蜷川実花展—虚構と現実の間に—」が全国の美術館を巡回中。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。
www.ninamika.com/

SHIBUYA オリンピック・パラリンピック Special Weeks
~日本財団「スポーツの力」写真展~に関するお問い合わせ
渋谷区オリンピック・パラリンピック推進課
TEL: 03-3463-1849
「GO Journal」に関するお問い合わせ
日本財団パラリンピックサポートセンター GO Journal事務局
Email|gojournal@parasapo.tokyo
Website|https://www.parasapo.tokyo/gojournal/

text by Parasapo

【GO Journal】渋谷区役所の新庁舎で写真展を開催

『【GO Journal】渋谷区役所の新庁舎で写真展を開催』