[ピョンチャンプレ大会]スノーボード成田、アルペンスキー森井、クロスカントリー新田らがパラリンピック本番につながる活躍

[ピョンチャンプレ大会]スノーボード成田、アルペンスキー森井、クロスカントリー新田らがパラリンピック本番につながる活躍
2017.03.31.FRI 公開

2018年3月9日から18日まで開催されるピョンチャンパラリンピックまであと1年を切った。

開催地の韓国・ピョンチャンでは、本番を想定したプレ大会が行われ、スノーボード、アルペンスキー、ノルディックスキー競技の日本人選手も多数出場。表彰台を目指すアルペンスキーの森井大輝や鈴木猛史、クロスカントリー新田佳浩らトップ選手らが、会場の雰囲気やコース、雪質などを確かめた。

新鋭・成田が金メダル! ピョンチャンパラからの新競技、スノーボード

3月10日から13日、Jeongseon Alpine Centreで「Jeongseon 2017 World Para Snowboard World Cup Finals」が行われた。実施されたのは、バンクドスラローム、スノーボードクロスの2種目。日本からは、成田緑夢(SB-LL2)、小栗大地(SB-LL1)、市川貴仁(SB-LL2)、藤嶋大輔(SB-LL2)の4選手が出場した。

バンクドスラロームでW杯初優勝を果たした成田に、ピョンチャンパラリンピックでも表彰台の期待がかかる
バンクドスラロームでW杯初優勝を果たした成田に、ピョンチャンパラリンピックでも表彰台の期待がかかる
成田はスノーボードクロスでも銅メダルを獲得する活躍
成田はスノーボードクロスでも銅メダルを獲得する活躍
バンクドスラローム(写真)で5位、スノーボードクロスで6位だった小栗
バンクドスラローム(写真)で5位、スノーボードクロスで6位だった小栗
バンクドスラロームで滑る市川
バンクドスラロームで滑る市川
バンクドスラロームに出場した藤嶋
バンクドスラロームに出場した藤嶋

ベテラン森井、悲願の金メダルへ弾み。日本のメダル量産に期待がかかるアルペンスキー

3月11日から18日、Jeongseon Alpine Centreで開催された「Jeongseon 2017 World Para Alpine Skiing World Cup Finals」。実施されたのはダウンヒル、スーパーG(2戦)、ジャイアントスラローム、スラローム。日本からは、男子座位の森井大輝(LW11)、狩野亮(LW11)、鈴木猛史(LW12-2)、夏目堅司(LW11)、女子座位の村岡桃佳(LW10-2)、男子立位の三澤拓(LW2)が出場した。

森井はダウンヒルとジャイアントスラロームの2種目で金メダルを獲得し、2016-17シーズンのW杯総合王者に輝いた
森井はダウンヒルとジャイアントスラロームの2種目で金メダルを獲得し、2016-17シーズンのW杯総合王者に輝いた
ダウンヒルで金メダルを獲得した森井の滑降
ダウンヒルで金メダルを獲得した森井の滑降
鈴木はスぺシャリストと呼ばれるスラロームで金メダル(写真はスーパーG)
鈴木はスぺシャリストと呼ばれるスラロームで金メダル(写真はスーパーG)
女子の村岡は2個の銀メダルを含む4個のメダルを獲得(写真はダウンヒル)
女子の村岡は2個の銀メダルを含む4個のメダルを獲得(写真はダウンヒル)
立位の三澤は、スーパーGの6位が最高
立位の三澤は、スーパーGの6位が最高
狩野はダウンヒルで銅メダルだった(写真はスーパーG)
狩野はダウンヒルで銅メダルだった(写真はスーパーG)
ダウンヒルで8位だった夏目
ダウンヒルで8位だった夏目

得意のクラシカルで新田が金メダルを獲得したノルディックスキー

バイアスロン、クロスカントリースキーの2競技が実施されるノルディックスキーは、3月10日から15日にかけて、Alpensia Biathlon Centreで「PyeongChang 2017 World Para Nordic Skiing World Cup」が行われた。 日本からは、男子立位の新田佳浩(LW8)、川除大輝(LW5/7)、岩本啓吾(LW3)(以上、クロスカントリーのみ)、佐藤圭一(LW8)、星澤克(LW8)、女子立位の阿部友里香(LW6)、出来島桃子(LW6)、視覚障がいの高村和人(B1)、女子座位の新田のんの(LW10.5)が出場した。

クロスカントリーのパラリンピック金メダリスト新田は、クラシカル・スプリントで銀に終わるも、最終日のミドルで金!
クロスカントリーのパラリンピック金メダリスト新田は、クラシカル・スプリントで銀に終わるも、最終日のミドルで金!
クラシカル・ミドルで金メダルを獲得した新田の滑り
クラシカル・ミドルで金メダルを獲得した新田の滑り
クロスカントリー・フリーで銅メダルだった出来島
クロスカントリー・フリーで銅メダルだった出来島
2種目に取り組む阿部は、バイアスロンで4位だった
2種目に取り組む阿部は、バイアスロンで4位だった
佐藤はバイアスロンで6位
佐藤はバイアスロンで6位
ノーストックで滑るクロスカントリーの川除
ノーストックで滑るクロスカントリーの川除
星澤はバイアスロンの10位が最高
星澤はバイアスロンの10位が最高
ガイドとともに滑る視覚障がいの高村
ガイドとともに滑る視覚障がいの高村
パラリンピック初出場を目指す座位の新田のんの
パラリンピック初出場を目指す座位の新田のんの
クロスカントリーに出場した岩本
クロスカントリーに出場した岩本

車いすカーリングの世界選手権はノルウェーが優勝

3月4日から11日まで8日間にわたり、Gangneung Curling Centreで開催された「World Wheelchair Curling Championship 2017」。1位はノルウェー、2位はロシア、3位はスコットランド、4位は中国だった(日本は不出場)。

強豪国を抑えて優勝したノルウェー
強豪国を抑えて優勝したノルウェー
出場国はそれぞれアイスの状態を確認しながら、トーナメントを戦った
出場国はそれぞれアイスの状態を確認しながら、トーナメントを戦った

text&photos by X-1

[ピョンチャンプレ大会]スノーボード成田、アルペンスキー森井、クロスカントリー新田らがパラリンピック本番につながる活躍

『[ピョンチャンプレ大会]スノーボード成田、アルペンスキー森井、クロスカントリー新田らがパラリンピック本番につながる活躍』

北京2022冬季パラリンピック

北京2022冬季パラリンピック

北京2022冬季パラリンピック

東京2020パラリンピック情報はこちら