日本財団パラリンピックサポートセンター

2020年幕開け前に見逃せない頂上決戦を一挙紹介! 12月の注目大会

2020年幕開け前に見逃せない頂上決戦を一挙紹介! 12月の注目大会
2019.11.26.TUE 公開

2019年の終わりは、東京2020パラリンピックに向けた真剣勝負が目白押し! 海外勢との対戦を控えるゴールボールと5人制サッカー(ブラインドサッカー)、各競技の日本一を決める柔道、視覚障がい女子マラソン、ボッチャは、パラリンピックの日本代表選考にもかかわってくる大事な一戦だ。今まで以上の真剣勝負は手に汗握る熱戦の予感!

各大会のスケジュールはこちらでチェック!

大舞台の出場権をかけた戦い!

【ゴールボール】
2019 IBSA ゴールボール アジアパシフィック選手権大会 in 千葉

写真は「天皇陛下御即位記念 2019ジャパンパラゴールボール」の欠端瑛子

東京パラリンピックの出場権をかけたアジア・パシフィックの大陸予選大会で、アジア地域および環太平洋アジア側地域の各チームが千葉ポートアリーナで激突する。男女ともに1位の国が東京パラリンピックの出場権を得ることができる重要な大会となるため、各国とも1戦1戦にかける思いは強い。またすでに開催国枠で出場権を確定させている日本代表にとっては東京パラリンピックの代表選考レースにもなる。選手たちの全力プレーを応援しない手はない!

注目選手:高橋利恵子、川嶋悠太、金子和也 など

開催日:2019年12月5日(木)~10日(火)
開催場所:千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市)
入場料:無料

日本代表がアフリカの雄を迎え撃つ!

【5人制サッカー】
ブラインドサッカー チャレンジカップ2019

写真は「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019」の黒田智成

日本代表の東京パラリンピックでのメダル獲得へ向けた強化の場として設けられた国際大会。第2回大会となる今回の対戦相手は、アフリカの雄・モロッコ(世界ランキング8位)。日本(同13位)は、すでに開催国枠で東京パラリンピックの出場が決まっているが、体格のいい相手との実践を通して様々な攻撃パターンの完成度を上げたいところ。今秋に行われたアジア選手権では、強豪と競り合いを見せながらも3位に終わり課題が残った日本代表。どんどん強くなる彼らの進化の過程を目撃しよう!
※世界ランキングは2019年1月時点

注目選手:川村怜、田中章仁、佐々木ロベルト泉 など

開催日:2019年12月8日(日)
開催場所:町田市立総合体育館(東京都町田市)
入場料:無料(有料席あり)

日本代表候補の激闘を見よ!

【柔道】
第34回全日本視覚障害者柔道大会

藤本聰らベテランの奮闘も見どころだ

各階級の全日本チャンピオンを決める国内最大級の大会。本大会は、2020年度の強化指定選手選考、「東京国際視覚障害者柔道選手権大会」の出場権、2020年12月31日までに開催される国際大会出場権の参考とされる。そのため、ベテラン若手問わず東京パラリンピックを目指す選手たちは、この大会に照準を合わせて並々ならぬ思いで挑む。来年、日本武道館で日本代表として戦う選手の活躍はもちろん、新たなスターの誕生に立ち会えるかもしれない!

注目選手:瀬戸勇次郎藤本聰廣瀬順子 など

開催日:2019年12月8日(日)
開催場所:講道館7階大道場(東京都文京区)
入場料:無料

クラブチームの頂点を手にするのは!?

【シッティングバレーボール】
第23回日本シッティングバレーボール選手権大会

日本代表選手もプライドをかけて熱戦を繰り広げる!

毎年12月に行われる男女の国内クラブチーム日本一決定戦で、国内最高峰の大会とも称される。過去2大会を見ると、男子は「千葉パイレーツ」(3連覇)、女子は「東京プラネッツ女組 黒」(2連覇)が連覇中だが、果たして今年はこの2チームがさらに連覇を伸ばすか、過去の覇者がV奪還か、それとも新たなチャンピオンが誕生するのか。男女ともに各チームに分かれて戦う日本代表選手のプレーも、東京パラリンピック前にぜひチェックしておこう!

注目選手:波田みか、小方心緒吏、田澤隼 など

開催日:2019年12月14日(土)、15日(日)
開催場所:武蔵野総合体育館(東京都武蔵野市)
入場料:無料

男女シングルス&ダブルスの日本一決定戦!

【バドミントン】
第5回日本障がい者バドミントン選手権大会

写真は「ヒューリック・ダイハツJAPAN パラバドミントン国際大会 2019」の藤野遥

東京パラリンピックで初めて正式競技となるバドミントンだけに、その注目度は上昇中! 本大会は男女のシングルスとダブルスの国内頂上決戦。立位、車いす、低身長ともライバル対決に注目だ。もちろん11月に行われた「ヒューリック・ダイハツJAPANパラバドミントン国際大会2019」で活躍した選手らも参戦する。日本代表候補、さらにはパラリンピックの初代メダリストの可能性を秘めた選手らのプレーを間近で見られるまたとないチャンスだ!

注目選手:里見紗李奈今井大湧豊田まみ子 など

開催日:2019年12月14日、15日(日)
開催場所:千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市)
入場料:無料

記録更新に期待!

【陸上競技】
第50回記念防府読売マラソン・第20回日本視覚障がい女子マラソン選手権大会

写真はリオ2016パラリンピックの道下美里(右)©Getty Images Sports

今年で20回目という節目を迎える日本視覚障がい女子マラソン選手権大会は、東京パラリンピックの準選考大会となり、パラリンピックのメダル獲得を目指す選手らの力のこもった走りが期待される。注目は、リオパラリンピック銀メダリストの道下美里が2017年に同大会で樹立した2時間56分14の世界記録を更新できるか。また男子種目には、アテネパラリンピックのマラソン金メダリストでトライアスリートの高橋勇市も出場。師走の防府市を駆け抜けるランナーに沿道から声援を送ろう!

注目選手:道下美里、西島美保子、青木洋子 など

開催日:2019年12月15日(日)
開催場所:防府市スポーツセンター陸上競技場(山口県防府市)
入場料:無料

各クラスの日本チャンピオンに輝くのは⁉

【ボッチャ】
TOYOTA presents 第21回日本ボッチャ選手権大会

藤井友里子(右)ら女性プレーヤーの活躍にも注目だ

2019年における各クラスの日本チャンピオンを決める個人戦の頂上決戦。BC1~4クラスは、この大会で優勝した選手が東京パラリンピックに内定する。試合の組み合わせは、6月に行われた全国予選会で勝ち上がった選手と、前回大会で上位に入賞したシードの選手が対決。シード勢は日本代表選手やベテランが揃うが、予選会を勝ち抜いた今大会初出場選手も多く、番狂わせのダークホースも現れるかもしれない!

注目選手:杉村英孝廣瀬隆喜、藤井友里子 など

開催日:2019年12月20日(金)~22日(日)
開催場所:スカイホール豊田(豊田市総合体育館)(愛知県豊田市)
入場料:無料

まだまだラグビーが熱い!

【車いすラグビー】
第21回日本選手権大会

池崎大輔(左)ら日本代表クラスを多数擁するTOKYO SUNSは初優勝なるか

全国各地で行われた予選リーグを勝ち抜いた全国8クラブチームによる国内最高峰の戦い! 今年の顔ぶれは、Freedom、TOKYO SUNS、BLITZ、AXE、Okinawa Hurricanes、Fukuoka DANDELION、TOHOKU STORMERS、北海道 T&T Big Dipper。3連覇中のOkinawa Hurricanesはカナダ代表の大物助っ人ザック・マデルが参戦。 日本代表エース池崎大輔率いる新チームTOKYO SUNSも王座を狙う。この秋、ラグビーW杯と同時期に開催され、日本代表も激闘を見せた車いすラグビーワールドチャレンジ2019を観戦した人もそうでない人も、年末は車いすラグビーで盛り上がろう!

注目選手:ザック・マデル、橋本勝也倉橋香衣 など

開催日:2019年12月20日(金)~22日(日)
開催場所:千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市)
入場料:無料

他の大会・イベントスケジュールもこちらでチェック!

text by TEAM A
photo by X-1,Getty Images Sports

※スケジュ―ルや出場選手は予定であり、変更になる場合があります。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

2020年幕開け前に見逃せない頂上決戦を一挙紹介! 12月の注目大会

『2020年幕開け前に見逃せない頂上決戦を一挙紹介! 12月の注目大会』