パラサポのパラスポーツイベント・2018上半期を振り返る!

パラサポのパラスポーツイベント・2018上半期を振り返る!
2018.08.25.SAT 公開

夏の終わり、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 来週末はもう9月。。。時が過ぎるのは早いものです。2018年も突っ走っているパラサポですが、今回は2018年にパラサポが実施したパラスポーツの普及イベントを、上半期のまとめとして振り返ります!

パラ駅伝 in TOKYO 2018

今年3月4日に開催された「パラ駅伝 in TOKYO 2018」の無料観戦チケット15,000枚は、販売開始約1時間で完売し、追加チケットも約15分で売り切れという人気ぶり。
会場となった駒沢オリンピック公園陸上競技場には17,100人が来場し、選手、ボランティア、主催者、サポーターも一体となって、パラ駅伝を応援し、会場は熱気に包まれた。

ご当地キャラクターや企業キャラクターが見守るなか、18チーム・162名のランナーが参加!
3回目となる今年のパラ駅伝は、14都県に加え、初の海外からの参加となるラオスチームも参戦し、全チームが途切れることなくタスキをつないだ。
元サッカー日本代表の北澤豪さんは、東京ランナーズの一員として参加。
“最も印象に残ったチーム”に贈られる日本財団賞は、9位の「ラオススースーチーム」が受賞。
パラサポのスペシャルサポーター稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんも、一緒に走ったり応援したり、会場を大いに盛り上げてくれた!
パラサポのキーメッセージである「 i enjoy ! 」をテーマに香取さんがパラサポオフィスに描いてくれた壁画を、レゴ認定プロビルダーの三井淳平さんが再現した「レゴ壁画」もお披露目された。レゴブロック約15万ピースが使われ、制作期間は3カ月かかったとのこと。
香取さん、三井さん、ありがとうございました!
「チームよしもと」として河本準一さん、タカアンドトシも来場し、声援をおくった。
人気YouTuberのはじめしゃちょーさんも、観客席からのウェーブでランナーと並走。
フィナーレを飾ったのは、稲垣さん、草彅さん、香取さんのライブパフォーマンス。パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」が初披露され、3人の熱唱に会場のボルテージも最高潮!

GO Journal 2号』発刊記念トークショー

5月23日には、蜷川実花氏がクリエイティヴ・ディレクターとして監修するグラフィックマガジン「GO Journal 2号」の発刊記念トークショーをLODGE(Yahoo! JAPAN内)にて開催。
2号で蜷川氏が撮影した水泳の山田拓朗選手(リオ2016パラリンピック50メートル自由形 S9クラス 銅メダル)と、一ノ瀬メイ選手(リオ2016パラリンピック日本代表)がゲストとして来場し、撮影時のエピソードで会場を盛り上げた。

開演前には100名以上のお客様で満席に!
山田選手は13歳から4大会連続でパラリンピックに出場し、リオで銅メダルを獲得した
トップスイマー。一ノ瀬選手はリオに出場し、メディアの注目度も高いパラリンピアン。
一ノ瀬選手は母親とのエピソードで会場を盛り上げた

パラスポーツ専用体育館「日本財団パラアリーナ」 6/1オープン!

パラアスリートの練習環境整備を目的にしたパラスポーツ専用体育館「日本財団パラアリーナ」は、パラサポが6月1日より運営を開始。当日はオープニングセレモニーが行われ、多くの取材陣が詰めかけました。
東京2020パラリンピックを2年後に控え、パラスポーツ競技が実施可能な施設の少なさは依然として課題であり パラスポーツの継続的な強化及び普及に向けて建設されました。

日本財団パラアリーナは、東京臨海副都心地区にある「船の科学館」の 敷地スペースを活用し建設された。
神事の様子
オープニングセレモニー
この日は車いすバスケットボール、ウィルチェアーラグビー、ボッチャ、車いすフェンシング、肢体不自由者卓球、パラ・パワーリフティングの選手がデモンストレーションを行い、普段見る機会のない設備や練習を皆じっくりと見学していました。
ピカピカのアリーナ
ユニバーサルデザインを取り入れたパラアリーナのエントランスでは、スペシャルサポーター・香取さんの描いた壁画をプロレゴビルダー・三井淳平氏が再現した壁画がお出迎え
パラリンピック競技・車いすフェンシング
パラリンピック競技・卓球
ボッチャ・廣瀬選手とウィルチェアーラグビー日本代表選手がボッチャで対戦。さっそく選手同士の交流が生まれていた。

東京おもちゃショー2018でパラスポーツのテーマパーク開催

6月7日(木)~10日(日)の4日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された国内最大規模の玩具の展示会「東京おもちゃショー2018」に、パラサポが主催するパラスポーツ体験イベント「i enjoy! パラスポーツパーク」(協賛:日本航空株式会社)を初めて出展。

「i enjoy ! パラスポーツパーク」会場
特設コートの横には競技用車いすの展示コーナーやクイズラリーが楽しめるブースが併設

イベントでは、パラスポーツの無料体験をはじめ、スポーツ能力測定会やパラスポーツの道具に実際に触れて答えるクイズラリーなど、パラスポーツにまつわる様々な企画が実施され、期間中、約6,000人が来場した。

車いすバスケットボールを楽しむ参加者たち
特設コートでは車いすバスケットボールのレッスンやミニゲームも
永尾嘉章氏が陸上競技用レーサーを直接指導
パラリンピアンの永尾嘉章氏が陸上競技用レーサーを直接指導
唯一のボッチャ経験者の車いすに乗った男児がゲームをけん引
ボッチャでは経験者の男の子が大活躍!

地域での共生社会実現への第一歩、「パラスポーツフェスタ in 軽井沢」開催

6月17日、長野県とパラサポは「スポーツを通じた共生社会の創造に向けた連係・協力に関する協定」を締結。取り組みの第一歩として、この日は長野県の軽井沢風越公園総合体育館で「パラスポーツフェスタ in 軽井沢」が行われ、子どもからお年寄りまで地元の方が多く参加した。

普段聞けないトップアスリートのトークショーに会場も盛り上った
わくわく体験会の車いすバスケットボールでは、シドニーパラリンピック男子車いすバスケットボール日本代表キャプテン・根木慎志(写真右)が講師を務めた
軽井沢町のキャラクター・Ruiza(ルイザ)ちゃん(写真左)と長野県PRキャラクター・アルクマ(写真右)もボッチャに参戦!かわいい!!
長野県ブラインドサッカー協会の皆さんが、ボールタッチから、ドリブル、パスと、順を追って丁寧にレクチャー
地元・長野のカーリング男子日本代表が平昌オリンピックで活躍した影響か、フロアカーリングは子どもに大人気!
地元の松本大学・ラート競技部によるデモンストレーション&体験会も開催
笑顔あふれるイベントとなった

稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんによる パラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』寄付贈呈式開催

7月8日、パラサポのスペシャルサポーター 稲垣さん、草彅さん、香取さんによるパラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』(「新しい地図」)の売上金額の確定を受け、パラスポーツ専用体育館「日本財団パラアリーナ」にて贈呈式を開催。

贈呈式には国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長も出席

寄付金はパラサポを通じて、パラリンピック教材の世界各国への普及活動や、国内のパラスポーツ普及支援を目的に、パラリンピック競技団体の実施する大会・イベント観戦拡大に寄与する事業に活用される。

贈呈式の会場には平昌パラリンピック銀メダリストのアルペンスキー森井大輝選手をはじめ、多くのパラアスリートも出席

式典終了後には、稲垣さん、草彅さん、香取さんの3名が青チーム、IPCパーソンズ会長、パラサポ山脇会長、杉村選手が赤チームに分かれ、東京2020パラリンピック競技大会で正式競技となっているボッチャ対戦が実現。

稲垣さん、草彅さん、香取さんもボッチャを体験
対戦は白熱! 一投ごとに会場では歓声があがった
式典にかけつけたパラアスリートや競技団体関係者と最後に記念撮影

2018年後半も、パラサポは全力でパラリンピック、パラスポーツの普及・発展に努めます。WEBマガジンのニュース・記事もお楽しみに!

text/photo/movie by Parasapo

パラサポのパラスポーツイベント・2018上半期を振り返る!

『パラサポのパラスポーツイベント・2018上半期を振り返る!』