パラリンピックには、
社会を変える力がある

- 世界で3番目に大きなスポーツイベント -

今や、オリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ、
世界で3番目に大きなスポーツイベントとなったパラリンピック。

世界最高峰の障がい者スポーツ大会へと発展し、
トップアスリートが高いパフォーマンスを競う世界的なイベントになった。

paralympic photo size-full
世界最高峰の祭典を祝して、花火やアトラクションで
華々しく行われる開閉会式=リオパラリンピック

2012年ロンドンパラリンピックには164ヵ国、
4,237人の選手が参加し、観戦チケット販売枚数は約278万枚。
多くの競技会場で観客席が満員になり、史上最多の観客動員数を記録した。

2016年リオパラリンピックでは、22競技で528種目のうち、
世界新記録220、パラリンピック新記録は432にのぼり、
競技レベルも高まっている。


パラリンピックの4つの価値

国際パラリンピック委員会(IPC)は、
パラリンピックに出場するアスリートたちが持つ力こそが
パラリンピックを象徴するものであるとし、
以下の4つの価値を掲げている。

circle bg

勇気

マイナスの感情に向き合い、
乗り越えようとする精神力

circle bg

強い決意

困難があっても、諦めず
限界を突破しようとする力

circle bg

インスピレーション

人の心を揺さぶり、
駆りたてる力

circle bg

公平

多様性を認め、創意工夫をすれば、
誰もが同じスタートラインに
立てることを気づかせる力

※IPC発表の英語表記は「Equality」でありその一般的な和訳は「平等」ですが、
「平等」な状況を生むには、多様な価値感や個性に即した「公平」な機会の担保が不可欠です。
そしてそのことを気づかせてくれるのがパラリンピックやパラアスリートの力である、
という点を強調するため、IPC承認の下、あえて「公平」としています。

paralympic photo size-full
「IMPOSSIBLE(不可能)」を「I'm POSSIBLE(不可能はない)」に変える
パフォーマンスで閉会したソチパラリンピック

インクルーシブ社会の実現

さかのぼること約70年前、
スポーツをリハビリに取り入れていたイギリスのストーク・マンデビル病院が、
院内で開催した患者によるスポーツ大会が始まりといわれている。

paralympic photo size-full
パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」。
赤・青・緑の3色は、世界の国旗で最も多く使用されている色という理由で選ばれた

1960年ローマオリンピックと同じ年に、同じローマで行われた大会
(第9回国際ストーク・マンデビル大会)を、
後に第1回パラリンピック大会とし、1964年東京大会が第2回大会となった。

paralympic photo size-full
1964年に東京で開催された第2回パラリンピック大会
世界から約370選手が集まった

パラリンピックはオリンピックと同じく夏季大会、冬季大会がそれぞれ4年に一度、
オリンピックの終了後に同じ場所で開催される。

そして、2020年、東京にパラリンピックがやってくる。
同一都市で夏季大会2回目の開催は、世界初のケースだ。

障がいのあるアスリートが、
様々な創意工夫を凝らし、自らの限界や記録に挑むパラリンピックは、
多様性を認め、インクルーシブ社会実現への気づきを与えてくれる。

2020年の東京パラリンピックの成功へ向けた様々な取り組みが、
目に見えるハード面のバリアフリーはもちろんのこと、
人々の意識を変える“心のバリアフリー”を成熟させ、
日本を変えていくだろう。

paralympic photo size-full
リオパラリンピック閉会式での「フラッグ・ハンドオーバーセレモニー」。
東京都の小池知事にパラリンピック旗が手渡された